単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへの感謝の気持ちの心付けを

単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへの感謝の気持ちの心付けをどのくらいの額にするのが妥当なのか家内と打ち合わせました。引っ越しといっても単身の引っ越しなので、作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、1時間ちょっとしかかからなかったですし、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思いお茶を出した程度で心付けを渡すタイミングそのものもなく、作業は終わって二人も帰っていきました。引っ越しする際の手続きは、うっとうしいことばっかりだなと感じていたら、水道の手続きは、電話でも可能だそうです。大それたことではないかもしれませんが、なぜだか、非常に嬉しいです。嬉しいついでに、電話すべき時期も調査したら、3~4日前までにとのことでした。早々に、電話してみます。引越しにおいて一番必要なものは運搬物を入れる箱です。細かいものもきちんと整理して段ボールに収納さえしておけば、転居の作業時間も大幅に短縮でき、プロたちにも有り難がられます。段ボールは引越し業者が無料でくれることも多数ですので、見積もり時に確かめておくとよいでしょう。引越しをするときには、荷物をダンボールにまとめていく作業は面倒でもやらなくてはいけないことです。その際にやっておいたほうが後々良いというコツは、重量があったり壊れやすいものは小さい箱へ、かさばるものは、大き目の箱に詰めていくというポイントです。また、ダンボールには服や食器といった品名だけでなく、運んで欲しい部屋も書いておくようにするほうが引越しの際の荷物の運び出し、運び入れにとても助かります。以前に私は分譲マンションでダブルベッドを寝室に配置していました。事情があって住居を売却し、スペースが限られた賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが部屋に入らないことが判明しました。泣く泣く知り合いに譲り、無事に転居を終えましたが、買い換えたベッドは次に引越した時に入らないと無駄になるので、シングルを買いました。管理人のお世話になってるサイト⇒大阪府大阪市 引越し

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *